人生エナジー溢れる回復ルーム作り【テストステロン戦士とヘルシー美女と賢者の住処】

今回は「人生エナジー(テストステロン)と精力溢れる毎日を過ごしたい方が必ず作るべき回復ルームの作り方」について解説しています。

「疲れ果ててやる気が出ずに、大事な時になかなか力を発揮できなくて」悩んでいる方は多いですよね。

実はその原因は「回復が足りないことと回復のための環境作りができていない」ということにあります。

このコンテンツでは、

「疲れ果てた自分から脱却しバリバリ仕事をこなし、プライベートでもエネルギッシュな自分になるための方法」が分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

A-TecLabでの「精力」とは、

「心身に溢れるバイタリティ」としているので、男性にも女性にもオススメなコンテンツとなっております。

今回のポイントは3つです。

1つ目は、「部屋のコンディションについて」

2つ目は、「人生エナジー(テストステロン)と精力を維持し、疲労回復を促せる3つの環境作り」

そして3つ目は、「人生の3分の1を占める睡眠の重要性」

について解説していきます。

それでは始めていきましょう。

【①】

まずは部屋のコンディションを確認する必要があります。

特に日本は四季があります。

春や秋のように過ごしやすい時期が長ければ良いのですが、夏や冬の環境設定は一苦労です。

しかも近年は春と秋を通り越して、体感では夏と冬しかない感じすらしますよね。

中でも「室温」というのは重要で、

実は、温度は集中力や幸福度に関係すると言われています。

2004年のコーネル大学の研究によると、

集中力をアップさせる仕事場の最適温度について、20℃と25℃で比較したところ、被験者のタイピングのエラーが25℃の方が40%も減少、150%の仕事量が増加、集中力もアップしたようです。

他の研究では、

温度を±1℃変化させると飽きさせずに済むということでした。

つまり、25°で時折±1℃変化させることで生産性アップと集中力を保つことができ、

職場環境のみならず副業やその他の屋内活動の質を上げるのに適していると言えますよね。

また、2011年の大阪大学の論文では、

幸福度を感じる温度はどれほどなのかということについて、

13.9℃が良いということでした。

寒い気もしますが。

場所でいうと夏なら家電量販店やスーパーがおすすめですが、

自宅の部屋や職場では長時間いるはずなので微妙かもしれませんね。

しかも、男性にとっては暑くても一方で女性は寒そうにしているシーンってありませんか。

職場では空間の構造やエアコンのスペック、その日の顔ぶれによっては室温調節はかなり難儀となるでしょう。

次に「空気」も重要です。

温暖な時期なら窓を開けっぱなしにして自然と換気がなされて良いのですが、

夏や冬はそうもいかず、エアコンを使うにもしっかりとクリーニングしておかなければカビの心配もあるということで、

1年中空気清浄機の使用はマストですし、15分おきに窓を開けて換気もしたいところです。

夏や梅雨だと湿度、冬は乾燥も不快ですよね。

そうです。

日本はただ過ごすだけでもとてもストレスがかかりやすい環境であり、

回復したいのに逆にじわりじわりとダメージを受けている可能性があります。

だからこそ、「室温」や「空気」はとても重要なんです。

【②】

次は、人生エナジー(テストステロン)と精力を維持し回復を促せる3つの環境作りについて解説します。

1つ目は、「スタンディングデスク」です。

つまり、立位で腹部から胸部の高さに調節できる机をおすすめします。

このメリットは、常にバランス筋力と筋持久力を発揮でき、神経筋を動員するトレーニングにもなります。

大きな力を発揮するわけではないので、筋肥大効果は期待できませんが、現在持っている筋肉を使いこなす、つまり、脳から筋肉への命令システムを鍛えられるので、身体の不調改善には適しています。

逆に言うと、椅子に座りっぱなしでいないようにするということがとても重要とも言えます。

長時間の座位姿勢は骨盤が後傾する傾向ごあり、その上の脊柱のラインも意図せず崩れ、重たい頭が前方に行くことでかなり上半身が緊張します。

これにより、血流が停滞したり呼吸が浅くなる上に、重力に抵抗し続けられるような姿勢ではなく、身体の調子が様々な要素で悪くなります。

実は他にも、スタンディングデスクにするメリットがあります。

それは「脳機能」です。

テキサスA&M大学の研究によると、

34人の高校生に24週間、スタンディングデスクで勉強してもらい、その後に脳の認知テスト実施してもらいました。

結果は、脳の実行機能(つまりセルフコントロールや集中力など)が向上し、短期記憶を司り集中力やメンタルの強さも関係してるかもしれないワーキングメモリも向上していたようです。

それではなぜ、この脳機能向上に関する話が関係あるかというと、

そうです。

「テストステロン」です。

実は、このテストステロンが脳の海馬という判断力や記憶力、さらには学習能力などに関係する部位で、男女共に多く分泌するということを、

近年、東京大学名誉教授で順天堂大学客員教授でもある川戸佳先生が世界で初めて解明しました。

しかも海馬にあるテストステロンの濃度は、血中にあるものより高いようです。

そして、このテストステロンが精力を高めるための原動力となるので、

座りっぱなしで調子を崩してしまわないように、活動時間中は適度に脳が活性化するように環境作りをしておきましょう。

2つ目は、「明かり」も回復手段にできるというお話をします。

グラナダ大学の実験によると、

参加者は少なめではありますが、青のライト(波長の短い青や緑、紫)と白のライト(波長が長い赤や黄、オレンジ)でそれぞれ休憩をしてもらいます。

結果は、青のライトの方がリラックス効果が3倍だったようです。

部屋に海の絵を飾ったり、海の映像を常時流したり、青のカーテンに変えたり、さらには可能ならば空が見える部屋などに引っ越すなど、

住まいを変えたりお部屋をカスタマイズしてみることをオススメします。

さらに他にもあります。

制限時間内に暗算をさせるテストにおいて、

2つのグループに分け、片方は青い光の部屋で、もう一方は白い光の部屋にしました。

その後、心拍数や脳波を測ってみると、青い光の方がリラックスしていたことと、リラックス状態になるのが3倍早いとのことでした。

さらに、メンタルとフィジカル両面に効果的なのが、「観葉植物」です。

緑に囲まれていると、メンタルやフィジカル改善といった、病院の患者の病気の治りや監獄の囚人が病気にかかりにくいなどの研究もあるようです。

机に置ける小さな物でも良いので、まず始めてみましょう。

テキサスA&M大学の研究によると、

緑と創造性の関係について、オフィスに観葉植物を置くだけでも良いアイデアを思いつく確率が15%上がり、難しい問題にも柔軟に取り組めるようになったことや、

オフィスに置くだけで疲労感・ストレス・咳・頭痛・肌の乾燥・病気にかかる確率が下がったようです。

【③】

そして最後は、

最も大切であり当たり前の回復手段である「睡眠」について解説します。

中でも適温に整えた部屋で「昼寝」、つまり「二層睡眠」を実践してみることをオススメします。

これは忙しすぎてまとまった睡眠時間を確保できない方には重要なテーマです。

基本、人生の3分の2である起きている時のコンディションは人生の3分の1である眠っている時の質に左右されますよね。

自称ショートスリーパーの方もたまに現れますが、決して真似しないようにしましょう。

眠たきゃ寝てください。

さらに、「毎日疲れ果てている」、「なかなか回復しない」、という方は回復よりも疲労が上回っているケースを考え、

夜の睡眠時間をベースとして日中に「昼寝」という形で回復頻度を増やすようにしましょう。

参考までに、

「【勃起力復活⁉︎】テストステロンと精力がみなぎる昼寝の効果でビジネスを成功に導く」

「テストステロンと精力チャージ!コーヒーナップによる短時間休憩法」

という時間がなくて忙しい方にもおすすめ回復戦略のコンテンツもあるので、是非ご覧ください。

それでは今回のまとめです。

今回は「人生エナジー(テストステロン)と精力溢れる毎日を過ごしたい方が必ず作るべき回復ルームの作り方」についての解説をしました。

1つ目は、

「室温や空気など部屋のコンディションを整えること」

2つ目は、

「人生エナジー(テストステロン)と精力を維持し疲労回復を促せる3つの環境作り」

そして最後は、

「環境を整えた上で、基本に立ち返って『睡眠』をこまめに導入すること」

について解説しました。

今回の話を是非みなさんのライフスタイルで役立ててみてください。

それでは今回はここまでです。最後までありがとうございました。

あなたにおすすめなコンテンツ

あなたのボディメイクに役立つおすすめアイテムはこちら

「アイテム」ページへ

SNS

Instagram

Twitter

免責事項

A-TecLabは、世の中のあらゆる立場と様々な視点と角度の科学についての話があったり、さらには出演者の考察を表現している場です。科学の話題は常に進歩し最新情報が更新されていくことや二項対立する研究も多種存在することにより、全てを網羅できているわけではないため、配信されている情報が完璧ではないこともあります。

参考出典・資料

「参考出典・資料」ページへ

使用しているBGM

【OP曲「Hit03Snare01(ブランド)Epidemic Sound」】

【ED曲「Bright Future[Electronica & Dance・Relaxing・Laid・Back](作成者)Killrude(ブランド)Epidemic Sound」】

【ED曲「Royal Entrance[Classical・Classical・Epic・Elegant・](作成者)Cercles Nouvelles(ブランド)Epidemic Sound」】

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com

【本編曲[「Akiramenai monotachi」by CyberLinkPowerDirector]「All Geared Up」][「After All」][「Guitar InThe Car」by Lance Taber]】

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com