脳を鍛えて行動力を上げる方法は〇〇と〇〇【テストステロン戦士と賢者のある習慣】

A-TecLab【ShiNとテストステロン戦士とヘルシー美女と賢者の集い】(YouTubeチャンネル)は上のリンクから↑

チャンネル登録がまだの方は登録お願いします!↓

https://www.youtube.com/channel/UCJSkL4P0Au0rfX6AMv-_NBQ

プライベートや仕事で何かやり遂げたいことがあるのだけれども、なかなか行動力を発揮できないことってありますよね。

しかしながら、

この行動力を高めるためには何か特別なことをしなければならないのではないかと考えがちですが、

実はハードルはあまり高くはありません。

では何をすれば良いと思いますか。

実はこの習慣がプライベートや仕事で高い行動力を発揮することが期待できるようなんです。

それでは始めていきましょう。

【①】

結論から言うと、

この習慣とは、「毎日の運動日記をつけること」です。

今回はジョージメイソン大学の研究を参考にすると、

被験者に運動後、オンライン上に「運動日記」を3週間つけてもらうということで、3つの項目を書き込んでもらいました。

・その日にどのような運動をしたか

・どんな良いことがあったか

・その他にどのようなことがあったか

この結果、

多くの被験者が運動した日には対人コミュニケーションの量が増えていることが分かりました。

プライベートは1人で楽しめれば良いという方はそれで良いのですが、人との関係ありきで充実化させたいのであれば必須ですよね。

さらに、この運動を朝に実施することで「仕事の効率化」「トライの数の増加」「目標達成確率の向上」といった傾向が明らかになったそうです。

もちろん、失敗の数もあるはずですがトライの数が増えることで成功のチャンスも増えることも容易に考えられます。

【②】

なぜ日記なのかは僕も最初に疑問に感じたのですが、

考察してみると、

日記をつける効力に関してはただ何となく闇雲に運動し始めるよりも運動日記をつけることで自己コントロール感が高まるからではないか考えられます。

ただやらされているのではなくて、自分自身でポジティブに行動してこれを管理しているからなのかもしれません。

自分の人生をほんの一部でもコントロールする、

これはプライベートでも仕事でも重要ですよね。

しかしながら、

ここで注意点があります。

実はこの研究には続きがあって、運動習慣が途絶えてしまうと効果が消えてしまったということです。

ということで、

高強度の運動は継続性が低いのであまりおすすめできず、

続けられる自信があまりないのであれば、脳への血流を促進できる有酸素運動の散歩やジョギング、軽めのボクササイズなどの軽度の運動レベルに留めて習慣化していきましょう。

「軽度の運動レベルではテストステロンを高めるためには不十分かな」と感じるとは思いますが、

その代わりと言ってはなんですが、

たった20分の低強度レベルのウォーキングなどの運動習慣や瞑想でもネガティブ遺伝子を抑制することができると、

最新の脳科学の研究や遺伝子の働きを研究する「エピジェネティクス」という分野でも分かってきています。

「脳の強化は行動力を高める」という公式のようなものが今後もっと定着していきそうですね。

【③】

ということで最後に、

行動力を高めること以外の運動の基本的なメリットについて確認しておきましょう。

ジョージア大学で行われた運動と脳に関する研究では、

20分の軽い有酸素運動をした後の3~4hは認知能力、考察力、そして今回話題にした行動力が高まっていることが分かっています。

これは運動による血流の改善が意欲に関わるドーパミンというホルモンの促進に繋がったからです。

また、この運動を習慣化することで脳が強化され、ドーパミンの影響で行動力が高まり、

気分を高めるノルアドレナリンの分泌、

抗うつ効果のあるセロトニンの分泌、

尚且つ慢性的なストレスによる悪影響が長期的に緩和され疲れにくくなることも分かっているようです。

もちろん、中強度レベル以上の運動によってテストステロンの充実化も期待できます。

もし中強度レベル以上の運動も週3~4ペースでこなせるのであればケガに注意しながら習慣化しましょう。

運動のメリットは今回の話だけに留まりません。

テストステロンはもちろんですが、

今回も登場したドーパミンや成長ホルモンの分泌もあります。

ドーパミンを安定的に爆上げしたい方は、

「デキる社会人になるドーパミンを上手く出す11の方法【テストステロン戦士と賢者のドーパミン大放出】」

というコンテンツがおすすめですし成長ホルモンも欠かせないので、

「テストステロンと精力を格上げろ!成長ホルモンを増やす方法8選」

というコンテンツも併せてご覧ください。

それでは今回はここまでとなります。最後までありがとうございました。

あなたにおすすめな動画

あなたのボディメイクに役立つおすすめアイテムはこちら

「アイテム」ページへ

SNS

Instagram

Twitter

免責事項

A-TecLabは、世の中のあらゆる立場と様々な視点と角度の科学についての話があったり、さらには出演者の考察を表現している場です。科学の話題は常に進歩し最新情報が更新されていくことや二項対立する研究も多種存在することにより、全てを網羅できているわけではないため、配信されている情報が完璧ではないこともあります。

参考出典・資料

「参考出典・資料」ページへ

使用しているBGM

[OP曲「Hit03Snare01(ブランド)Epidemic Sound」]

[ED曲(YouTubeチャンネル用)「Bright Future[Electronica & Dance・Relaxing・Laid・Back](作成者)Killrude(ブランド)Epidemic Sound」]

[ED曲(A-TecLab動画用)「Royal Entrance[Classical・Classical・Epic・Elegant・](作成者)Cercles Nouvelles(ブランド)Epidemic Sound」]

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com

[本編曲「Akiramenai monotachi」by CyberLinkPowerDirector]

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com