テストステロンぶち下げる太る◯◯環境を改善する方法

YouTube
テストステロンぶち下がる太る◯◯環境を改善する方法 今回は、「テストステロンぶち下げる太る◯◯環境を改善する方法」というテーマで解説していきます。実は、「痩せられない理由は自分の意志力の弱さ」だと苦しんで損をしてい...

A-TecLab【ShiNとテストステロン戦士とヘルシー美女と賢者の集い】(YouTubeチャンネル)は上のリンクから↑

チャンネル登録がまだの方は登録お願いします!↓

https://www.youtube.com/channel/UCJSkL4P0Au0rfX6AMv-_NBQ

今回は、「テストステロンぶち下げる太る◯◯環境を改善する方法」というテーマで解説していきます。

実は、「痩せられない理由は自分の意志力の弱さ」だと苦しんで損をしている方は多いです。

「痩せるためにはまず環境に支配されてはならないということが大切であり、自分のいる環境について知ることが自分を変えるのに必要である」ということが分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

僕も皆さんと一緒に学んでいくスタンスなので共に仲間として成長していきましょう。

テストステロンの簡単な紹介をすると、

「男性の方が多く持つことから男性ホルモンと言われ、筋肉の発達や精力アップ、男性機能向上、脂肪の燃焼、さらにはアンチエイジングにとても関係があります。

モテ、ビジネスの成功、生涯年収アップ、メンタルの改善、チャレンジ精神、冒険心、競争心、仲間や社会との協調性、男の魅力」といったことにも関わると言われています。

もちろん、女性にとっても人生のクオリティを充実させる大切なホルモンなので、男女共におすすめです。

今回のポイントは3つです。

1つ目は、テストステロン低下と肥満について、

2つ目は、太る〇〇環境について、

3つ目は、健康を考慮した職場環境作りについて、

解説していきます。

それでは始めていきましょう。

【①】

まず初めに、肥満で苦しむ人にとっての最強の敵とは一体何なのかについて確認しておきます。

それは「誘惑」つまり「食欲」ですよね。

ダイエット=我慢という先入観といつまでも戦い続けないといけないわけです。

でも、それって凄く辛いし楽しくないですよね。

しかも我慢ができない自分にガッカリして諦めてしまい、自分のことを受け入れられない状況となり苦しむわけです。

この肥満を解消したくてダイエットを始める人は多いわけですが、

実はテストステロンを正常値で充実させておくためには肥満を解消することは超絶マストです。

そこで何故テストステロンと肥満が関連しているのか、ということが気になりますよね。

肥満と言えば内臓脂肪ですが、この内臓脂肪が増加することで、

テストステロンを女性ホルモンに変換する酵素(アロマターゼ)の分泌量が増加することで女性ホルモンが増え、

さらにテストステロンの分泌が抑えられるとも言われているので、メタボリックシンドロームのリスクと併せて注意が必要なんです。

身体にとって良い食事に向けられた食欲なら良いかもしれませんが、それが内蔵脂肪を増やしすぎる食事であってはいけませんよね。

この食欲との戦いにみんな苦しんでいます。

因みに、この「男性ホルモンを女性ホルモンに変換する酵素を抑える物質」と「暴走した食欲を適正化する」手段について詳しく解説しているコンテンツを紹介しておきます。

それは「テストステロンと性機能(勃起力)を若く保つカカオのヤバイ潜在能力【ココアとチョコ好き必見】」と、

「テストステロン戦士と賢者が絶対知るべき戦略【ダイエット成功の秘訣】」というコンテンツです。

YouTube
テストステロン戦士と賢者が絶対知るべき戦略【ダイエット成功の秘訣】 「3大欲求を制する者は人生を制す」今回は「筋トレがダイエットの成功には不可欠」であることについて解説します。「食事管理とかした方が痩せそうだよね」、「スクワット...

これらも是非ご覧ください。

ここまでで肥満とテストステロン低下との関連については分かりましたね。

【②】

では次に、どんな「環境」にいるかどうかで自分が如何様にも変わってしまうものであることについて解説していきます。

みなさんが肥満の状態でダイエットをしなければならない人だったら、一体何が原因で過食をしてしまいましたか。

太った原因はもちろん食べ過ぎですし、当たり前ですよね。

では何故食べ過ぎることになったのでしょうか。

きっかけは何でしょうか。

きっと人によって様々でしょうし今回のテーマには当てはまらない方もいらっしゃるでしょうが、

今回は対象にする「環境」を1つに絞ってみましょう。

ということで、今回注目したい環境は「職場」です。

因みに、みなさんの職場で頻繁にお裾分けをしている方っていらっしゃいますか。

例えば、よくスイーツを持ってくる人です。

他にも、デスクの引き出しにお菓子が入っている人もいますよね。

人は誰しも食欲に抗うのは困難ですので、ハッキリ言ってこのような人は危険です。

仮にカカオ85%以上のダークチョコレートや食物繊維が豊富で色鮮やかにサラダ、

さらには余計なものが入っていなくて製造過程でも重金属やカビ毒などに細心の注意を払っているプレーンのプロテインパウダーなどは大歓迎と思うかもしれませんが、大抵は和菓子や洋菓子ですよね。

人類は食糧の確保に苦労した時代もありましたから高糖質・高脂質な嗜好品は涎が出るほど、喉から手が出るほどに欲しいわけです。

これでは「食欲」との壮絶な天下分け目の超決戦が始まってしまいます。

しかも一度切りではないはずですからずっと意志力を消耗します。

こんな環境はNGです。

気にすることが多くなり疲れます。

挫折します。

それがまた暴飲暴食を促します。

【③】

また、職場環境作りのために参考となる実験があります。

2016年のGoogleのニューヨークオフィスでのある実験です。

まず研究チームはチョコやナッツを自由に食べられるスナックコーナーを起点に2ヵ所にドリンクバーを設置しました。

1つはスナックコーナーから1.8mの位置、もう1つはスナックコーナーから5.5mの位置です。

その後、約400人の従業員の動きを記録したところ、ドリンクバーの位置によって明確な行動の違いが現れました。

結果は、スナックコーナーに近いドリンクバーを使った人は、遠いドリンクバーを使った人に比べて、お菓子を食べる量が69%も高かったそうです。

これはヤバいですね。

単純計算すると、

体重81kgの男性が1日3回ずつドリンクを飲んだ場合、1年で体脂肪が1.1kg程増える計算です。

単純に10年で10kg増える計算にもなります。

一見大したことのないように思えますが、1年で1kgだとむしろ気付かないからこそ危険です。

そうです。

気付かない内に太ってるからヤバイんです。

5年、10年経ってからマズいということにやっと気付き、ダイエットを始めるためにフィットネスクラブに入会する方は沢山いらっしゃいます。

中には、10年かけて徐々に微量にも身体を蝕み続けてきたから体内炎症レベルが高まり過ぎて、糖尿病や脂肪肝などに発展してしまったりという方も割といます。

しかも甘い飲み物とスナックはベストマッチと言えるでしょうから、体重という数値だけで済まないからだとも考えられます。

ここまででもう十分だからダイエットを始めたいという方は、

「テストステロンを充満させる体脂肪率は◯◯%!」

YouTube
テストステロンを充満させる体脂肪率は◯◯%! 今回は「テストステロンを充満させる体脂肪率」について解説していきます。実は、「体脂肪率はテストステロンに影響する」ということを知らずに損をしている方は多いです。...

というコンテンツを参考にしてください。

タイトルの通り、目指すべき体脂肪率が分かりますので是非ご覧下さい。

先程紹介した実験のように、ほんの数mの差が無意識の食べすぎをもたらし、長期的には大きな肥満に繋がるかもしれませんよね。

その先は通院、極端な食事制限、治療のための出費がかさむといった流れとなってしまうことが容易に想像できるので、人生楽しくないですよね。

因みに、僕はGoogle本社には行ったことはないのですが、行ったことのある方の体験話を聞いたところ、

割と手の届く所にお菓子や甘いドリンクがあったそうです。

当たり前ですが、太って当然かなと思いました。

だからこそ、先程紹介した実験などの試みが必要で、太るきっかけとなる行動特性のようなものを知る機会にもなります。

職場環境を改善しなければならないというメッセージにもなっていますよね。

これはGoogleだけに限ったことではないというのは想像しやすいです。

ということは、みなさんの職場にも適用できることだと考えられます。

それでは、この先は内蔵脂肪が溜まり、結果的にテストステロンと男性機能が低下してしまいかねないコンディションにしないために、

どうすれば太らない環境を作れるのか、さらには痩せる環境を作ることはできないものかについて解説します。

実は今回紹介した実験の内容を利用するのが最もシンプルで負担をかけずに済む方法です。

もちろん、そもそも禁止にすれば良いという意見もありますが、状況が一変することによるストレスがあまり良くありません。

必ず反発心が勝ります。

スイーツを持ってくる人を牽制する意味では、何となく「スイーツを持ってくるのはマズイのではないか」と自発的に思わせることから始めると良いのですが、

むしろ、量は気付かない塩梅でコントロールされながら徐々に減らされ、筋肉量が増えて腸内環境が多様化するように仕向ける管理体制を構築することの方がおそらくポジティブでしょう。

そこで参考にして欲しいのがGoogleの他の実験なんです。

内容は、サラダバーを社員食堂の入り口に置いて野菜の摂取量が増えるのかどうか、

また、デザートの食器を小皿に変えたら食べすぎが減るかどうかを試したりする、

といった正当な科学ジャーナルに掲載されるレベルの取り組みだったようです。

「入り口に野菜がある」だけで健康的な食事の量が増えて、「食器のサイズを変える」だけで食欲が減ることが期待できます。

これはもう禁止にしない限り、持ってくる人は持ってくるということで、持ってくる前提の話になっていますよね。

要するに、お菓子を配ることを禁止したり食欲と戦い続ける苦行よりも先に、

暴走した食欲を抑える仕組みを作ることが必須だということです。

今回冒頭でのキーワードとして、「最強の敵」として「食欲」を挙げました。

この「食欲」を抑える(厳密には安定させる)ことができるなら、かなりダイエットの成功確率が上がりますよね。

試してみる価値があります。

もちろん、野菜をはじめ、人には好き嫌いはありますから全ての人に上手くマッチする科学を見つけるのは大変です。

しかし、どうすれば上手くいくかを試さないことには先には進みません。

Googleの行動経済学部門のクリステン・バーマン氏の言葉を借りると、

「私たち社会科学者は、人々に悪影響を与えるのではなく、彼らの助けになるように"環境を設計"していかなければなりません。

そうすれば、私たちはより良く長い人生を送ることができるでしょう」

ということで、まさに「環境作り」の重要性そのものを表現していると僕は思います。

これらのことは決して会社内だけに適応する環境作りではなく、個人レベル、要するに自宅環境にも応用できるはずです。

太る原因はなにも職場だけとは限りませんよね。

是非ご自身のケースにも当てはめてみてください。

「If-Thenルール」という習慣作りのテクニックで、「もしあることが起きたら、その時は〇〇する」といったことです。

習慣化に成功しやすいテクニックのようなので、みなさんも試してください。

ここでダイエットを成功させたい方に僕から提案です。

それは「ダイエットをしている」と公言すると良いです。

まとも人ならダイエットをしている人にスイーツを配りまくることはないですよね。

むしろ手伝ってくれたり一緒にダイエットをしてくれる人さえいます。

実は、誰かと一緒にダイエットをすると成功しやすいという研究もあるくらいです。

特に、恋人関係や夫婦関係ならば、一緒にキツイことを乗り越える経験をすると、絆がより深まるという研究もあります。

ぜひ1人で悩まず共有してみてください。

今回のテーマのような太った原因が環境にあるならば、人間関係も深く関わってくるので難しいと感じると思います。

人付き合いもあると思いますので、

まずはすぐにはスイーツなどの高糖質高脂質なものを頑なに拒否しなくても、

同時並行で徐々に多種多様な食材を摂るようにして、腸内細菌の多様性を拡げておきましょう。

食べているものによって食の好みも変わってくると言われているので、徐々にスイーツなどの高糖質高脂質への渇望が減っていくように仕向けていきましょう。

それほど環境に呑み込まれてしまうものなので、まずは自分が太っている原因は何か、そして、それが今自分がいる環境であり、全てを自分が設定できる環境というわけではないのならば、

自分の中だけで対策できることやルール作りを確実に設定しておきましょう。

そして、肥満が解消された暁には、テストステロンのレベルも適正化されて人生を充実させるエナジーに溢れる自分に生まれ変われるのではないでしょうか。

【本日のまとめ】

それでは今回のまとめです。

今回は「テストステロンぶち下げる太る◯◯環境を改善する方法」についての解説をしました。

今回分かったのは、実は本当に注目しなくてはいけないのは自分がいる「環境」であることであり、

むしろ太らない・痩せる職場環境を自分たちで色々と科学を試しながら"設計"することが大切ということでした。

今回の話を是非みなさんのライフスタイルで実践してみて下さい。

それでは今回はここまでとなります。

最後までありがとうございました。

あなたにおすすめな動画

SNS

Instagram

Twitter

あなたのボディメイクに役立つおすすめアイテムはこちら

「アイテム」ページへ

免責事項

A-TecLabは、世の中のあらゆる立場と様々な視点と角度の科学についての話があったり、さらには出演者の考察を表現している場です。科学の話題は常に進歩し最新情報が更新されていくことや二項対立する研究も多種存在することにより、全てを網羅できているわけではないため、配信されている情報が完璧ではないこともあります。

参考出典・資料

「参考出典・資料」ページへ

使用しているBGM

[OP曲「Hit03Snare01(ブランド)Epidemic Sound」]

[ED曲(YouTubeチャンネル用)「Bright Future[Electronica & Dance・Relaxing・Laid・Back](作成者)Killrude(ブランド)Epidemic Sound」]

[ED曲(A-TecLab動画用)「Royal Entrance[Classical・Classical・Epic・Elegant・](作成者)Cercles Nouvelles(ブランド)Epidemic Sound」]

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com

[本編曲「Akiramenai monotachi」by CyberLinkPowerDirector]

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com