勃起力が高くなる鍛えるべき筋肉3選【テストステロン戦士と賢者のBIG3】

A-TecLab【ShiNとテストステロン戦士とヘルシー美女と賢者の集い】(YouTubeチャンネル)は上のリンクから↑

チャンネル登録がまだの方は登録お願いします!↓

https://www.youtube.com/channel/UCJSkL4P0Au0rfX6AMv-_NBQ

「3大欲求を制する者は人生を制す」

今回は、「勃起力と直接関わる3つの筋肉」に注目していきます。

「オレはまだまだこんなもんじゃねぇぜ」とか「生涯現役を貫きたい」とか「パートナーを再び勃ち上がらせたい」という方は是非参考にしてください。

それでは始めていきましょう。

【①】

まず1つ目は、「心筋=心臓」です。

つまり「心肺機能」を鍛えるということです。

何と言っても「血流促進」が狙いです。

血液は全身でぐるぐる回っているので、まずは全体的に血流を活性化させたいところです。

勃起力をアップするにはさらに細かい総腸骨動脈に注目する必要があって、特にここへの血流促進がカギです。

この部分にもっと近い筋肉は他にもあるのでこの後解説します。

勃起の仕組みに関して詳しくは、

「テストステロンを増やし勃起力爆上げる男性ホルモン爆発フードの物質4選【女性も必見】」

「若返る勃起力の科学7選【テストステロン戦士と賢者の男性機能はヒヨらない】」

というコンテンツで解説しているので併せご覧ください。

そこでどんな運動が有効かというと、

「ランニング」、「30秒ダッシュ」、「ハイペースの縄跳び」といったところです。

ペースは週1日よりは週3~5日が習慣化しやすいと研究で分かっています。

しかしながら、心臓に負荷をかけるということは負担をかけることでもあります。

なかなか心拍が落ち着いてこないといった異常なことがあってはいけないので、くれぐれも追い込み過ぎには気を付けてください。

まずは低強度から始めて徐々に強度を上げていきましょう。

【②】

次に2つ目は、「腸腰筋」です。

股関節の内側に付いている脚を持ち上げてくれる筋肉です。

勃起力という観点でいうと、勃起の瞬発力や持続性に強く関わると言われています。

これもまた瞬間的な筋収縮による総腸骨動脈への血流量を増やすスイッチになるので、勃起力を高めることになります。

運動種目は主に、

「腿上げ」、「マルチヒップマシン」、さらには先程も紹介した腸腰筋を鍛えることができる「30秒ダッシュ」などが有効です。

しかしながら、先程の説明と重なりますが、ダッシュに関してはかなり強度が高いため、基本的な運動習慣を身につけてから実施するようにしてください。

【③】

そして最後3つ目は、「骨盤底筋群」です。

2017年にフランスで勃起不全に対する骨盤底筋群のトレーニングの有効性があるのかという6つの信頼性の高い研究を分析したレビュー論文が発表され、

結果は、骨盤底筋群のトレーニングを継続することで勃起率が高まったというものでした。

そして、肝心の鍛え方について紹介します。

「スクワット」、「ヒップアダクション」、「ヒップリフト」、さらには「呼吸」などがおすすめです。

筋トレに関しては各種目を10回の反復運動を週に合計10~20セットになるようにしてください。

これにより、最大限の筋肥大とテストステロンの充実化を期待できるので、チャレンジしてみてください。

ちなみに、勃起をするのは良いのだが、長く続かなくて悩んでいる方は、

「早漏対策で性の悩みを解消せよ【テストステロン戦士と賢者の性事情】」

というコンテンツをご覧頂いてまずは対策をしてみてください。

また、今回紹介した3つの鍛えるべき筋肉をどの順番で鍛えるのが適切なのか、実施すれば良いのか決めておきたい方は今回の話の続きとして、

「テストステロン飛び級上げ!筋トレと有酸素運動どっちが先?【1Q1TalK】」

というコンテンツを併せてご覧ください。

さらに、そもそも性欲や精力の基となるテストステロンから高めたい、女性を意識しているという方は、

「【女性人気爆発】テストステロン戦士と賢者なら鍛える女性が性的魅力を感じる筋肉3選」

というコンテンツでモテ度も高めておきましょう。

それでは今回はここまでとなります。最後までありがとうございました。

続きは今紹介した2つのコンテンツにて。

あなたにおすすめなコンテンツはこちら

あなたのボディメイクに役立つおすすめアイテムはこちら

「アイテム」ページへ

SNS

Instagram

Twitter

免責事項

A-TecLabは、世の中のあらゆる立場と様々な視点と角度の科学についての話があったり、さらには出演者の考察を表現している場です。科学の話題は常に進歩し最新情報が更新されていくことや二項対立する研究も多種存在することにより、全てを網羅できているわけではないため、配信されている情報が完璧ではないこともあります。

参考出典・資料

「参考出典・資料」ページへ

使用しているBGM

【OP曲「Hit03Snare01(ブランド)Epidemic Sound」】

【ED曲(YouTubeチャンネル用)「Bright Future[Electronica & Dance・Relaxing・Laid・Back](作成者)Killrude(ブランド)Epidemic Sound」】

【ED曲(A-TecLab動画用)「Royal Entrance[Classical・Classical・Epic・Elegant・](作成者)Cercles Nouvelles(ブランド)Epidemic Sound」】

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com

【本編曲[「Akiramenai monotachi」by CyberLinkPowerDirector][「All Geared Up」][「After All」][「Guitar InThe Car」by Lance Taber]】

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com