若返る勃起力の科学3選【テストステロン戦士と賢者の男性機能はヒヨらない】

A-TecLab【ShiNとテストステロン戦士とヘルシー美女と賢者の集い】(YouTubeチャンネル)は上のリンクから↑

チャンネル登録がまだの方は登録お願いします!↓

https://www.youtube.com/channel/UCJSkL4P0Au0rfX6AMv-_NBQ

3大欲求を制する者は人生を制す

今回は「若さみなぎる勃起力を手にするための毎日サラッとこなせる7つのアクティビティ」について提案します。

プライベートの充実化的な話ではありますが、

実は今回のアクティビティはプライベートのみならずビジネスパフォーマンスを高めることにも繋がるので、ぜひ役立てください。

【①】

まず最低限マストなのは充実したテストステロンと良質なコンディションです。

これらがベースの話なので常に頭から抜けないように最後まで聞いてください。

ところで、

男性の皆さんはご自身のペニスのサイズに満足していますか。

女性の皆さんはパートナーのサイズに満足していますか。

2015年のカリフォルニア大学の研究では、

男性52031名を対象に自分のペニスのサイズに不満を持っているのは全体の45%に及ぶそうです。

ただ、通常時のペニスサイズというのは母親の胎内にいる時にテストステロンに晒される程度で決まるので、通常時に関しては変えられない要素となります。

しかしながら、

テストステロン戦士と賢者の皆さんにとっては勝負時の方が重要ですよね。

なので、

今回は勝負時にヒヨらないフルパワーでスタンドアップできるように日々やれることをやっておきましょう。

ちなみに、

女性が理想とするペニスのサイズは、長さ16cm、外周12.2cmのようです。

もし、自分やパートナーの方のサイズに満足がいかなくても問題はないです。

実は最も大切なのは「愛」だそうです。

テストステロンとドーパミンだけでなくオキシトシンもガンガンぶち上げましょう。

【②】

それでは、

毎日サラッとできる7つのアクティビティを提案していきます。

みなさんは1つでも良いので習慣にしましょう。

(1)精巣を30秒冷却する

主に、

・アンチエイジング効果

・脂肪燃焼効果

・疲労改善効果

・成長ホルモンの分泌

なども期待できますが、

何よりも陰嚢の温度を高めると精子を殺してしまうことが理由です。

2007年のジャスタスリービッヒ大学の研究では、

陰嚢・精巣を冷却することは精子の質を改善するのに良い方法であると分かりました。

ここはテストステロンの殆どを生成している場所です。

「朝勃ちまくれ!テストステロンと男性機能維持の3つの基礎習慣 【お知らせあり】」

というコンテンツで基礎習慣を身につけ、

「テストステロンと勃起力を強力に上げる男性ホルモン爆発戦略【性行為に自信】」

というコンテンツで自信も身につけましょう。

(2)日光浴(ビタミンD3)

主な機能として、

内皮細胞の修復と一酸化窒素の生成(L-シトルリン800mgを摂るのも良い)で心臓機能を改善、下半身の血流を良くすることにも貢献します。

これがテストステロンの生成に繋がります。

ということは、

ビタミンDが不足することでテストステロンに悪影響なのと何と勃起力の低下にも繋がるということになりますよね。

これは2020年のイタリア(カターニャ)の大学の研究によるビタミンDと勃起力に関するメタ分析で、

対象は4055名の男性、ビタミンD欠乏症と勃起不全との関連性について検証されたことで分かりました。

ということで、

日光浴の必要性があることは当たり前で、

WHOによると、1日5~15分の日光浴が推奨されています。

環境省の推奨日光浴時間は日向であれば15分、日陰であれば30分とされています。

また、日本ビタミン学会によると、夏は30分、冬は1hとされています。

ビタミンD3のサプリメントを摂取するのなら1日3000IUが推奨です。

(3)ミックスナッツを食す

推奨量は60gです。

脳機能の向上、アンチエイジング、病気の予防などが証明されています。

2018年の研究では、

98名を対象に二手に分けて、「いつもの食事+ミックスナッツ」のグループと「いつもの食事のみ」のグループとで精子の状態が調査されました。

このミックスナッツはアーモンド、ヘーゼルナッツ、クルミです。

そしてこれを14週間継続したところ、前者の方は精子の量が有意に増加し、さらにはDNAの損傷も改善されました。

(4)ミックスベリー(フラボノイド)を食す

2016年のイーストアングリア大学の研究によると、

25096名の男性を対象に食事でのフラボノイドの摂取と性機能不全について10年間の追跡調査がされました。

結果として、

全般的にフラボノイドを摂取できる食材を食べている人は心疾患リスク減少とEDになるリスクが11~16%低下したことが分かりました。

中でも、

フルーツに沢山含まれているアントシアニンとフラバノンの総摂取量を増やすようにすると、尚のこと良いです。

仕事などのスキマ時間に気軽に摘めるミックスベリーなんかもおすすめです。

簡単に考えると、食物繊維が豊富なものを食べましょうということです。

さらに男性ホルモンを爆上げさせたい方は、

「テストステロンを増やし勃起力爆上げる男性ホルモン爆発フードの物質4選【女性も必見】」

というコンテンツは必見です。

さらに、テストステロンの材料も知っておいて損はないので、

「テストステロンと男性機能の生成・増加のための基本的な6つの材料【初心者重要】」

もおすすめです。

(5)コーヒーを愛せ

2015年にテキサス大学では、

3724人の男性を対象に日常生活と性機能の関わりについて重回帰分析がされました。

要するに、

どのようなライフスタイルなら最も勃起力を高めるのかについて調べまくったということです。

結果は至って当たり前なことで、

健康的な食生活であることや有酸素運動をしていたということです。

そして、普段からよくコーヒーを飲んでいたということも分かっています。

しかもコーヒーをよく飲む人ほど勃起力が高くて性行為の持続時間も長いです。

研究者の考察によると、

カフェインとポリフェノールの抗酸化作用のコンボのおかげで下半身(つまり海綿体へ)の血流アップが期待でき勃起力が高まるからということです。

カフェインのことを詳しく知っておきたい方は、

「【カフェイン①】テストステロン1.7倍アップ!カフェイン摂取のメリットと上手な使い方 」

を必ずご覧ください。

(6)運動(筋トレ、有酸素)

テストステロン爆増と血流改善が成されます。

2018年のジャスタスリービッヒ大学で、

430名の男性を対象に筋トレによる陰嚢への影響に関しての研究が発表されました。

内容は、

「何もしない」グループと

「筋トレを週3で夕方5時から7時にトレーナーをつけて1RM70%の中強度の負荷量で上半身・下半身共に6ヶ月間ガッツリやる」グループに分けて、

精子の質や酸化ストレスが詳細に検査されました。

結果は、後者の方が「体重、腹囲、肺活量が増加」、「12週目には抗酸化物質の上昇」が確認され、「精液の質、運動量、DNAの健康状態など精液量以外の項目が筋トレ後12週間から上昇し6ヶ月目にはピークなったようです。

その後に筋トレをやめても30日間は状態を維持できたということです。

しかも、妊娠率は2.5%~5%から20~50%に上がったようです。

子作りに励んでる方はぜひ。

さらに、テストステロンを猛烈にブチ上げ、超強い味方となる成長ホルモンで格上げさせましょう。

おすすめは、

「テストステロン猛烈に増やす筋トレの科学【マシントレvsフリーウェイト】」

「テストステロンと精力を格上げろ!成長ホルモンを増やす方法8選」

必ずご覧ください。

(7)瞑想

今回はストレス対策という点で活用しましょう。

最初は短時間でも構いません。

継続することが大切なので、仕事の合間や就寝前、さらには緊張している時にもやってみましょう。

思い出してください。

緊張は勃起の妨げです。

まずは深呼吸を意識して自分に集中しましょう。

それでは今回はここまでとなります。最後までありがとうございました。

あなたにおすすめな動画

あなたのボディメイクに役立つおすすめアイテムはこちら

「アイテム」ページへ

SNS

Instagram

Twitter

免責事項

A-TecLabは、世の中のあらゆる立場と様々な視点と角度の科学についての話があったり、さらには出演者の考察を表現している場です。科学の話題は常に進歩し最新情報が更新されていくことや二項対立する研究も多種存在することにより、全てを網羅できているわけではないため、配信されている情報が完璧ではないこともあります。

参考出典・資料

「参考出典・資料」ページへ

使用しているBGM

[OP曲「Hit03Snare01(ブランド)Epidemic Sound」]

[ED曲(YouTubeチャンネル用)「Bright Future[Electronica & Dance・Relaxing・Laid・Back](作成者)Killrude(ブランド)Epidemic Sound」]

[ED曲(A-TecLab動画用)「Royal Entrance[Classical・Classical・Epic・Elegant・](作成者)Cercles Nouvelles(ブランド)Epidemic Sound」]

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com

[本編曲「Akiramenai monotachi」by CyberLinkPowerDirector]

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com