テストステロンと性機能(勃起力)を若く保つカカオのヤバイ潜在能力【ココアとチョコ好き必見】

A-TecLab【ShiNとテストステロン戦士とヘルシー美女と賢者の集い】(YouTubeチャンネル)は上のリンクから↑

チャンネル登録がまだの方は登録お願いします!↓

https://www.youtube.com/channel/UCJSkL4P0Au0rfX6AMv-_NBQ

今回は「テストステロンと性機能を若く保つカカオのヤバイ潜在能力【ココアとチョコ好き必見】」というテーマで解説していきます。

このテーマでは、テストステロンを増やし男性機能・女性機能を高めるための知識や行動習慣が手に入ります。

このコンテンツでは、

「テストステロンや性機能の向上を果たすには意外とお金はかからないし日々の食習慣次第で簡単にアンチエイジングも果たせる」ことが分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

僕も皆さんと一緒に学んでいくスタンスなので共に仲間として成長していきましょう。

【①】

まず、今回の主役はココアです。

ココアはカカオ豆からカカオバターを除いたもののことです。

このココアの摂取がテストステロンや性機能の充実に繋がることについて解説していきます。

そして後ほど

テストステロンは、男性の性的特徴や筋肉量、骨密度、赤血球数などに重要な役割を果たすホルモンです。

実はテストステロン生成のためにココアの摂取はかなりおすすめできます。

ある研究によると、ココアに含まれるフラボノイドは、テストステロンの生成を促進することが示唆されています。

他の言い方をすると、テストステロン低下の原因となる酵素を阻害してくれるようなんです。

また、他の研究によると、テストステロンとココアの関連性は、身体的な健康状態や運動能力によって異なる可能性があるともされています。

しかしながら、これらの研究は限られた規模のものであって、結果が一貫していないこともあります。

したがって、テストステロンレベルを上げるためにココアを摂取することが有効かどうかは、より多くの研究が必要なのですが、

しかしながら、ココアには、抗酸化作用や抗炎症作用があり、心血管疾患の予防や認知機能の改善に役立つことが知られています。

これらの要素はテストステロンをはじめ、身体のシステムを正常かつ潤滑に稼働させ続けるには超必須ですし、ライフスタイルをより良いものにしてくれるはずですよね。

テストステロンや男性機能、さらには女性機能の安定と充実は日々のフィジカルとメンタル両面のストレスに脅かされます。

そうです。皆さんもすでにご想像の通り体内炎症の過剰化に伴うコルチゾールの過剰分泌の状態です。

これの対策としては、抗酸化や抗炎症といったアンチエイジングが必須となるわけです。

これらを踏まえてこの先は解説していきます。

【②】

そこでここからは、

ココア関連の食品の紹介とココアの凄さについて解説していきます。

先ほども解説しましたが、ココアはカカオ豆からカカオバターを除いたもののことです。

アンチエイジングフードでありメンタルフードであり、そしてスーパーフードとも言われています。

高血圧・中性脂肪・空腹時の血糖値、HDLコレステロール、インスリン抵抗性改善、また、LDLコレステロール・体内炎症・慢性疲労の減少などの様々なアンチエイジング効果が期待できます。

そこでおすすめしたいのがココアパウダーの摂取です。

ココアパウダーは約24%が食物繊維なのでボディメイクのために腸内環境を良くしたい方や便秘に悩んでいる方、さらには美容に気を遣っている方にも効果を発揮します。

コスパの良いおすすめのココアパウダーですが、「富澤商店さんの出しているココアパウダー」のリンクがA-TecLabの「おすすめアイテムルームhttps://a-teclab.com/item/」にAmazon商品リンクが貼ってあるので是非参考にしてください。

これをプレーンのプロテインに混ぜてみることもおすすめします。

プロテインも併せてどうぞ。

さて話を戻すと、他にもカカオ85%を超えているものを板チョコ1日3分の1か2分の1程度を摂るのがおすすめと言われています。

85%となると、「苦ぇんだよな」という方も多いと思いますが、これはローストしているからでローストしていないものを選ぶようにしましょう。

あと、極力砂糖が入っていないかどうかも確認はしておきましょうね。

コンビニやスーパーでよく目にする砂糖や甘味料や植物油脂など大量に含まれているチョコレートなんかもNGです。

となると、ホワイトチョコなんてカカオのカカオバターの方で作ってるのでアンチエイジングにおいては最悪でしょう。

甘いチョコレートがお好きな方々すいませんでした。

とはいえ、

このココアの潜在能力は先ほど解説したアンチエイジング効果のみではありません。

まだまだあります。

450mgのココアフラボノイドを4週間摂取すると血管が33%拡張されて血圧が低下したという研究があります。

これにより、血の巡りが21%アップ、心臓疾患のリスクが22%ダウン、慢性疲労も軽減し、なんと食後1hで肌の血流が促進して保湿力が高まり美肌になるという効果もあったようなんです。

これは女性にとっても朗報ですよね。

先ほどココアのことをメンタルフードと紹介しましたが、これを裏付ける研究もあります。

720mgのココアフラボノイドを摂取すると、ワーキングメモリが向上するといったものです。

さらにネガティブな気分がなくなりやすく精神的疲労の改善にも効果がみられたようです。

日々、イライラしたり反芻思考が当たり前な方にはとても良いかもしれませんね。

実はメンタルフードの実力はこんなものではありません。

1日900mgのココアフラボノイド(ダークチョコでいうと約50~60g)を3ヶ月間飲むと脳が若返るという研究です。

これは脳の海馬の歯状回という所の機能が改善して記憶力が10歳若返るというものです。

認知能力が50代だった人が30~40代くらいに若返るようなんです。

これについては、

「スーパーエイジャーから学ぶ目指すべき精力溢れる生活【テストステロン戦士と賢者のセカンドライフ】」

というコンテンツで解説しているので、生き方も考えたい方は是非ご覧ください。

さて、話を戻すと、

この海馬の「歯状回」というのは、海馬の入り口に位置していて、海馬へとやって来た電気信号を最初に受け取って海馬の中へと送る役割を果たしている場所です。 この歯状回を介して海馬内に神経細胞のルートが生まれ、それが新しい記憶そのものとなっていくと考えられています。

ココアは脳に行ってはいけない物質を止めてくれる門番の役割をしている血液脳関門を突破できる凄さがあり、脳に行きつき脳のアンチエイジングまでしてくれるまさにスーパーフードだと言えますよね。

このようにココアは抗酸化作用や血管拡張作用があることが知られています。

EDや生理痛といった男性機能・女性機能に悩む男女共に全身の血流、特に下半身への血流を良くしてホルモンの正常な分泌を促進してくれることにも繋がります。

しかもココアの抗酸化力はワインや緑茶以上とも言われていて、

これらの作用により、血流が改善され、陰茎の勃起機能が向上する可能性があります。つまり、男性機能の向上です。

さらに男性機能の向上、つまり勃起力を高めて人生をまた一歩充実させたい男性、また、それをさせてあげたい女性は、

「テストステロンを増やし勃起力爆上げる男性ホルモン爆発フードの物質4選【女性も必見】」

「テストステロンと勃起力を強力に上げる男性ホルモン爆発戦略【性行為に自信】」

というコンテンツも併せて必ずご覧下さい。

ココアパウダーとプロテインをミックスしてコンディションを超底上げしてみましょう。

【③】

それでは今回のまとめです。

今回は「テストステロンと性機能を若く保つカカオのヤバイ潜在能力【ココアとチョコ好き必見】」というテーマで解説しました。

今回の話を是非みなさんのライフスタイルで役立ててみてください。

それでは今回はここまでとなります。最後までありがとうございました。

あなたにおすすめな動画

あなたのボディメイクに役立つおすすめアイテムはこちら

「アイテム」ページへ

SNS

Instagram

Twitter

免責事項

A-TecLabは、世の中のあらゆる立場と様々な視点と角度の科学についての話があったり、さらには出演者の考察を表現している場です。科学の話題は常に進歩し最新情報が更新されていくことや二項対立する研究も多種存在することにより、全てを網羅できているわけではないため、配信されている情報が完璧ではないこともあります。

参考出典・資料

「参考出典・資料」ページへ

使用しているBGM

[OP曲「Hit03Snare01(ブランド)Epidemic Sound」]

[ED曲(YouTubeチャンネル用)「Bright Future[Electronica & Dance・Relaxing・Laid・Back](作成者)Killrude(ブランド)Epidemic Sound」]

[ED曲(A-TecLab動画用)「Royal Entrance[Classical・Classical・Epic・Elegant・](作成者)Cercles Nouvelles(ブランド)Epidemic Sound」]

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com

[本編曲「Akiramenai monotachi」by CyberLinkPowerDirector]

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com