エナジー溢れるシゴデキ人間の10の習慣【テストステロン戦士とヘルシー美女と賢者のマストルーティン】

エナジー溢れるシゴデキ人間の10の習慣【テストステロン戦士とヘルシー美女と賢者のマストルーティン】

皆さんは日々エナジーで溢れているでしょうか。

毎日疲れ果てて何もかもやる気や気力がないよりも、どうせならエナジーに満ち溢れた状態で仕事やプライベートを過ごせたら良いですよね。

そこで今回は、エナジー溢れる仕事がデキるシゴデキ人間に注目してみようと思います。

【①】

実はエネルギッシュに仕事をこなす人には、特定の特徴や習慣が見られます。

今回は、そのような特徴を10個挙げてみます。

1つ目は、「良好な睡眠習慣」です。

定時に寝て十分な睡眠を確保することで、日中のエネルギーレベルを高く保ちます。

睡眠不足では認知機能と気分に悪影響を及ぼすことが多くの研究で示されています。(Walker, M. (2017). Why We Sleep: Unlocking the Power of Sleep and Dreams)

良好な睡眠習慣が認知機能、記憶力、日中の気分や生産性に重要な影響を及ぼすことは、神経科学と睡眠研究の分野で広く確認されています。

適切な睡眠は、長期的には健康維持と疾病予防にも寄与します。

2つ目は、「健康的な食生活」です。

栄養バランスの取れた食事を心掛け、体と脳に必要なエネルギーを供給します。

栄養バランスの取れた食事が認知機能と心身の健康をサポートすることは、栄養学の研究で広く受け入れられています。(Gómez-Pinilla, F. (2008). Brain foods: the effects of nutrients on brain function. Nature Reviews Neuroscience)

バランスの取れた食生活が心と体の健康をサポートし、特に脳機能やエネルギーレベルに良好な影響を与えることが、栄養学の研究により示されています。

適切な栄養摂取は、集中力や問題解決能力を高めると考えられています。

3つ目は、「定期的な運動」です。

定期的な身体活動は、体力を増強し、ストレスを軽減し、全体的な気分を向上させます。

定期的な運動がストレスを軽減し、生産性を向上させることに関するエビデンスは豊富です。(Ratey, J. J. (2008). Spark: The Revolutionary New Science of Exercise and the Brain)

定期的な身体活動は、ストレスの軽減、気分の向上、睡眠の質の向上など、多面的に作用し、仕事のパフォーマンス向上に貢献します。

運動は、脳における神経栄養因子のレベルを高め、学習と記憶にも有益な影響を及ぼすことが分かっています。

4つ目は、「ポジティブなマインドセット」です。

挑戦に対してポジティブな態度を持ち、失敗を学習の機会と捉えます。

ポジティブ心理学の研究は、肯定的なマインドセットが幸福感、生産性、および対人関係にプラスの影響を与えることを示しています。(Seligman, M. E. (2002). Positive psychology: The scientific and practical explorations of human strengths)

ポジティブなマインドセットを持つことは、挑戦や困難に対するレジリエンス(回復力)を高め、創造性や解決策を見出す能力を向上させます。

ポジティブ心理学の研究では、肯定的な思考が幸福感と成功の両方を高めることが示されています。

5つ目は、「優先順位の設定」です。

重要なタスクに焦点を当て、時間を効率的に管理することで生産性を高めます。

タイムマネジメントと優先順位の設定の重要性は、生産性と効率性の向上に関する研究で広く議論されています。(Covey, S. R. (1989). The Seven Habits of Highly Effective People)

効果的なタイムマネジメント技術は、仕事のストレスを軽減し、生産性を向上させます。

タスクを優先順位付けし、目標を設定することで、効率的に時間を管理し、仕事の満足度を高めることができます。

6つ目は、「ストレス管理」です。

ストレスの原因を特定し、リラクゼーション技法や適切な休息で対処します。

ストレス管理技法が心身の健康に好影響を与えることは、心理学と健康科学の研究で確認されています。(Lazarus, R.S., & Folkman, S. (1984). Stress, Appraisal, and Coping)

ストレスを適切に管理することは、職場でのパフォーマンスと全体的なウェルビーイングに不可欠です。

リラクセーション技法、運動、趣味などによるストレスのマネジメントは、心身の健康を維持し、生産性を高めることに寄与します。

7つ目は、「継続的な学習」です。

新しいスキルや知識を積極的に学び、変化する環境に適応する柔軟性を持ちます。

知識の獲得と新しいスキルの学習が認知能力の向上と生涯にわたる適応能力の維持に寄与することが、教育心理学の研究で示されています。

新しいスキルや知識の継続的な学習は、変化する環境に適応し、キャリアの成長と発展に必要な柔軟性を提供します。

生涯学習は、仕事の満足度と自己効力感を高め、イノベーションを促進します。

8つ目は、「適切な休息」です。

定期的な短い休憩を取り、仕事の間にもエネルギーを回復させます。

短期間の休憩が作業効率を向上させることは、労働心理学の研究で支持されています。(Rossi, R. J. (1990). Breaks and physical health in mental work)

短い休憩が認知機能と生産性の向上に寄与することが示されており、仕事中に定期的な休憩を取ることは、長時間労働による疲労やストレスの蓄積を防ぐ上で重要です。

特に、ポモドーロ・テクニックのような時間管理法がこのアプローチをサポートしています。

9つ目は、「社会的サポート」です。

同僚や友人との良好な関係を維持し、必要な時に支援を求めたり提供したりします。

社会的サポートがストレスの軽減と心理的および身体的健康の向上に有効であることは、社会心理学の研究で示されています。(Cohen, S. (2004). Social relationships and health. American Psychologist)

職場での社会的サポートの重要性は、ストレス耐性の向上、ポジティブな職場環境の促進、仕事の満足度の高さに直接関係しています。

同僚や上司からのサポートは、困難な状況を乗り越えるための重要なリソースとなります。

そして最後は、「情熱とモチベーション」です。

仕事に対する情熱を持ち、自分の目標に向かってモチベーションを維持します。

仕事への情熱が高いモチベーションと生産性、仕事の満足度に関連することは、職業心理学の研究で広く認識されています。(Vallerand, R. J. (2012). The role of passion in sustainable psychological well-being. Psychology of Well-Being)

情熱を持って仕事に取り組むことは、高いモチベーションと生産性、仕事の満足度に繋がります。

自分の仕事に価値を見出し、それに情熱を感じることで、エネルギーが生まれ、持続的な成果を上げることができます。

これらの特徴は、エネルギッシュに仕事をする人々が共有している可能性のある属性です。

個人によってどの特徴が最も影響力があるかは異なるかもしれませんが、これらの習慣や態度を培うことは、職場での成功と満足に大きく貢献します。

これらの特徴を支持する研究やエビデンスは、睡眠、栄養、運動、マインドセット、タイムマネジメント、ストレス管理、継続的な学習、適切な休息、社会的サポート、そして情熱とモチベーションの各領域にわたっています。

これらの習慣や行動が、仕事だけでなく、日常生活の質を向上させるためにも非常に重要であることが分かります。

各個人がこれらの特徴をどのように統合し、発展させるかは個人差がありますが、これらの要素に焦点を当てることで、エネルギッシュに仕事をこなし、職場での成功を手に入れる可能性を高めることができるはずです。

プロフェッショナルな成長と個人の幸福感の両方に寄与するため、これらの特徴や習慣を育てて維持することが推奨されるというわけです。

ということで今回はここまでとなります。

他にも、

「デキる社会人になるドーパミンを上手く出す11の方法【テストステロン戦士と賢者のドーパミン大放出】【仕事の成功 バリバリ働く】」

「デキるビジネスパーソンの休憩時間の過ごし方【テストステロン戦士と賢者のスキマ時間の極意①】」

これらのコンテンツも併せてご覧ください。

最後までありがとうございました。

あなたにおすすめなコンテンツ

あなたのボディメイクに役立つおすすめアイテムはこちら

「アイテム」ページへ

SNS

Instagram

Twitter

免責事項

A-TecLabは、世の中のあらゆる立場と様々な視点と角度の科学についての話があったり、さらには出演者の考察を表現している場です。科学の話題は常に進歩し最新情報が更新されていくことや二項対立する研究も多種存在することにより、全てを網羅できているわけではないため、配信されている情報が完璧ではないこともあります。

参考出典・資料

「参考出典・資料」ページへ

使用しているBGM

【OP曲「Hit03Snare01(ブランド)Epidemic Sound」】

【ED曲「Bright Future[Electronica & Dance・Relaxing・Laid・Back](作成者)Killrude(ブランド)Epidemic Sound」】

【ED曲「Royal Entrance[Classical・Classical・Epic・Elegant・](作成者)Cercles Nouvelles(ブランド)Epidemic Sound」】

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com

【本編曲[「Akiramenai monotachi」by CyberLinkPowerDirector]「All Geared Up」][「After All」][「Guitar InThe Car」by Lance Taber]】

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com