テストステロンと精力が充実する快眠を誘う睡眠姿勢作り

A-TecLab【ShiNとテストステロン戦士とヘルシー美女と賢者の集い】(YouTubeチャンネル)は上のリンクから↑

チャンネル登録がまだの方は登録お願いします!↓

https://www.youtube.com/channel/UCJSkL4P0Au0rfX6AMv-_NBQ

今回は「テストステロンと精力が充実する快眠を誘う睡眠姿勢作り」というテーマで解説していきます。

実は、「睡眠中の姿勢が悪くて上手く回復できず」に損をしている方は多いです。

そこで今回は「テストステロンと精力を充実させる良質な睡眠方法」について解説していきます。

このコンテンツでは、

「睡眠に適した姿勢や寝具を選ぶポイント」が分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

僕もみなさんと同じ立場で勉強していくスタンスなので、一緒に成長していきましょう。

今回のポイントは2つです。

1つ目は、「寝る時の身体の向き」

2つ目は、「身体のラインを考慮した寝具選びの4つのポイント」

について解説していきます。

それでは始めていきましょう。

【①】

まずは、気になる「睡眠中の姿勢」です。

みなさんの寝相はいかがでしょうか。

また、寝具にはこだわっているでしょうか。

寝具は寝ている時に姿勢がどうなるかを考慮しなければなりません。

「腰が痛い」とか「首が痛い」とか様々な悩みを抱えている方は特に回復しないばかりか悪化してしまうこともあるとも言われています。

よって「睡眠のポジショニング」が大切となります。

そこで、この姿勢のためにマットレスやベッドを適切に選択すること重要です。

これに関しては、後ほど解説します。

まずは「睡眠のポジショニング」に注目していきましょう。

睡眠習慣や寝具などの睡眠にまつわるあらゆる研究に30年以上費やし、世界のトップアスリートのスリープコーチとして最高峰にいるニック・リトルヘイルズによると、

寝る時の身体の向きは、

前面か後面から見て骨盤から頭部までのラインが真っ直ぐであることが前提で、

「横向き」がおすすめだそうです。

さらに、利き手とは感覚の鈍い逆側を下にするようにして、胎児姿勢をとると深い眠りをもたらすことが期待できるようです。

ちなみに、「胎児姿勢」というのはヨガの経験がある方はやったことがあるかもしれませんが、横向きに寝て膝と腕を軽く曲げて胸の前に軽く引き寄せるといった姿勢です。

これにより、首と脊柱と骨盤が真っ直ぐに近い滑らかなラインを描くようになります。

また、この姿勢は安心感を生み出すことができる点でも効果的なようです。

もちろん、これを作り出すにはマットレスもまた超重要です。

このラインを長時間保つことができれば、いびきや無呼吸の予防にも繋がります。

これは「快眠」への第一歩となりますし、睡眠の質の低下を予防できることにより、テストステロンと精力を充実させるベースにできます。

これの対策として、

「テストステロンと精力を下げる睡眠不足に影響する5つのポイント」

というコンテンツもおすすめで、

テストステロンと精力のために睡眠の質の低下を予防する戦略を解説していますので、必ずご覧下さい。

さて、他の向きはどうなのかということも解説します。

「仰向け」は一見良さそうですが、英国いびき・睡眠時無呼吸協会によると、

喉の力が緩み気道が狭くなり、いびきをかきやすく無呼吸になりやすいです。

この「いびき」というものは甘く見ない方が良いです。

「いびき」をかく人は、糖尿病、肥満(インスリン抵抗性)、さらには高血圧を発症するリスクが、グッスリと眠れる人と比べて2倍近くになるようなので、超警戒ですよね。

さらに、グッタリして目覚めるか寝つきが悪いことが多いのであれば、リスクは70~80%上昇してしまうという報告もあるようです。

これでは日々のパフォーマンスがガタ落ちするなんて当たり前ですよね。

また、無防備な態勢なため、脳が警戒を保ったままとなると言われています。

これに僕の考察を加えると、

警戒しているせいで安心感が薄れていて、交感神経が優位なままで、寝るために必要なメラトニンというホルモンの分泌が妨げられてしまうと考えられます。

しかし、悪いことばかりだけではなく、

背骨と首を真っ直ぐに保つメリットはあるので、

短時間の休憩で意識を残してリラックスしている場合、例えば昼寝であれば、おすすめかもしれません。

他には、「うつ伏せ」で寝る方もいるようですが、首と背骨に負担をかけます。腹部を下にすると背骨が捻れるので、腰痛や首痛に繋がります。

特に男性の場合は男性器があるので、圧迫してしまうという点でも良くないと考えられますし、

「朝勃ち」にも良くありませんよね。

これはテストステロン戦士と賢者のみなさんにとっては大問題です。

「朝勃ち」に関しては、実は男性機能を測るためにとても重要な要素なので、詳しくは

「テストステロンを増やし勃起力爆上げる男性ホルモン爆発フードの物質4選【女性も必見】 」

というコンテンツがおすすめなので必ずご覧下さい。

【②】

ということで次は、

これらを考慮してマットレスを始めとする寝具を選ぶ4つのポイントを解説していきます。

1つ目のポイントは、

最初にも触れた「骨盤から頭部が真っ直ぐに近い滑らかなラインになるか」どうかと「気道の確保」です。

今や、寝具販売店に行けば身体のラインを測定してくれるような時代となってきました。

このようなテクノロジーによる客観的なデータを見た上で、実際にマットレスで横になりに試しにいきましょう。

まずは床で先ほど紹介した「横向き」になり、床から側頭部までの距離を測ってみましょう。

要するに、

この距離の分だけ沈むマットレスを選ぶことが重要であるということです。

この距離が分かったらシーツを外したマットレスで試してみると良いです。

この時に「横向き」になっても前面か後面から見た骨盤から頭部までが真っ直ぐに近い滑らかなラインを崩さない「安心感を得られるもの」を選び出すわけです。

ここまでの話で、

みなさんもお気づきかと思いますが、枕の話は一切していません。

そうです。

マットレスさえ適切なもの選べれば枕は不要ということになります。

ただ、枕に安心感を持っている方もいるでしょうから、枕ありきでも先ほどから再三挙げている真っ直ぐに近い滑らかなラインを崩さないように、距離を測れば良いのではないでしょうか。

マットレスの買い替えの予定がない方はマットレスの上に重ねるマットレスストッパーというものを低予算で購入できるので、こちらで対処しても良いと思います。

結局は「骨盤から頭部が真っ直ぐに近い滑らかなラインになるか」どうかと「気道の確保」ができるかどうかがベースということなので、

絶対にマットレスだけにしなければならないというわけではありませんので、今のご自身のライフスタイルに合わせて検討してみて下さい。

また、2つ目は、

「サイズ」に関してです。

1人ならダブルサイズ、2人ならキングサイズが推奨されています。

理由はシンプルで窮屈ではいけないからです。

3つ目は、「通気性」です。

湿気の多い環境なら特にダニに注意が必要で、通気性がとても大切です。

寝具に使うシーツやカバー類は抗アレルギーのものを使うと良いです。

もちろん、空気中のアレルゲンにも注意が必要なので部屋そのものも換気を良くしておく必要があります。

4つ目は、通気性とも関連する「素材」に関してです。

みなさんは「マイクロファイバー」というのを聞いたことがありますか。

速乾性があり洗濯がしやすくて清潔に保ちやすいのがメリットです。

他の動画でも解説してきたように、寝室の環境の清潔感というのは睡眠の質に影響するのでとても重要です。

ぜひ目では確認しにくい要素にも気を付けてみて下さい。

【③】

それでは今回のまとめです。

今回は「テストステロンと精力が充実する快眠を誘う睡眠姿勢作り」というテーマで解説しました。

1つ目は、「寝る時の身体の向き」

2つ目は、「身体のラインを考慮した寝具選びの4つのポイント」

今回の話を是非みなさんのライフスタイルで役立ててみてください。

他にも、

「【テストステロンと男性機能向上!】睡眠の質を高める厳選2大栄養素」

「テストステロンと精力がみなぎる昼寝の効果でビジネスを成功に導く」

「テストステロンと精力をチャージする6つの睡眠環境作り」

といったコンテンツでテストステロンや男性機能、精力、そしてアンチエイジングのためにも、

人生の基盤として是非上手に科学を選んでみて下さい。

それでは今回はここまでとなります。

最後までありがとうございました。

あなたにおすすめな動画

SNS

Instagram

Twitter

あなたのボディメイクに役立つおすすめアイテムはこちら

「アイテム」ページへ

免責事項

A-TecLabは、世の中のあらゆる立場と様々な視点と角度の科学についての話があったり、さらには出演者の考察を表現している場です。科学の話題は常に進歩し最新情報が更新されていくことや二項対立する研究も多種存在することにより、全てを網羅できているわけではないため、配信されている情報が完璧ではないこともあります。

参考出典・資料

「参考出典・資料」ページへ

使用しているBGM

[OP曲「Hit03Snare01(ブランド)Epidemic Sound」]

[ED曲(YouTubeチャンネル用)「Bright Future[Electronica & Dance・Relaxing・Laid・Back](作成者)Killrude(ブランド)Epidemic Sound」]

[ED曲(A-TecLab動画用)「Royal Entrance[Classical・Classical・Epic・Elegant・](作成者)Cercles Nouvelles(ブランド)Epidemic Sound」]

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com

[本編曲「Akiramenai monotachi」by CyberLinkPowerDirector]

©[Media Element Creator’s Name] via Canva.com